リニューアルキャンペーン、4/15まで会員登録で全商品ポイント10

輪行用品やサイクルパーツも充実-自転車通販のワールドサイクル

R250 超軽量縦型輪行袋 ブラック 9mmクイック用エンド金具・輪行マニュアル付属 <即>

超薄素材を使用した、縦型輪行袋。セットで243gは業界最軽量級。9mmクイック用エンド金具が付属

  • 2022年1月、より薄くて軽い素材にアップグレード。重量わずか173gと、もうボトルケージには小さくて入りません。ジャージのバックポケットにも収まるサイズです。
  • 自転車にも、他の乗客にも最も配慮した輪行袋といえば、この縦型タイプ。電車の中で最もコンパクトになります。
  • 「作業が簡単」というだけなら横型輪行袋のほうですが、車内のことを考えると、やっぱりこの縦型タイプ。
  • 内側の底の補強布には、サドル位置とエンド位置の場所を示すイラストがあり、収納方法も明確です。
  • ワンタッチバックルによって、簡単に固定できます。ベルトのように通して固定するタイプのストラップと比べて、断然簡単。
  • 9mmクイック用エンド金具が付属します。
  • スプロケットカバーフレームカバーチェーンフックは付属しません。
  • わかりやすいイラストのマニュアルが付属。輪行の歴史とルール・マナーについても解説しております。
  • 本体収納袋の巾着紐は、車内で手すりに固定するのに役立ちます。固定しないと振動で倒れてしまいますから。
  • 素材:高密度タフタ 20デニール
  • 重量:約243g(輪行袋173g、9mmクイック用エンド金具70g)
  • サイズ:縦/1100mm 横/950mm 底幅/250mm
  • 収納サイズ:(縦)170mm x (底)60 x 70mm

商品のカラー・サイズについて

  • 商品のカラーはディスプレイの種類等により、実物と異なって見える場合がございます。
  • 掲載商品の仕様、ロゴ等のデザインは改良のため、変更される場合がございます。
  • また、メーカーが発表していない寸法や個人的なフィット感についてはお答えいたしかねます。あらかじめご了承ください。

沖縄県への送料について

  • 沖縄県への発送に送料無料は適用されません。購入金額に関わらず1,650円(税込)が通常送料に別途加算されます。

商品レビュー

評価1
評価2
評価3
評価4
評価5
5.0
(4)
  • 評価1
    評価2
    評価3
    評価4
    評価5
    輪行派ですが超軽量を一度使うと手放せなくなります!軽量というより畳んだ時の体積が本当に小さいのが助かります。
    輪行派
    投稿日
    2023.03.15
  • 評価1
    評価2
    評価3
    評価4
    評価5
    非常に生地が薄くて軽いです、そして驚くほど小さく折りたためます。 本当に緊急の時のお守りとしてサドルバッグに入れておこうと思います。
    マイスター2
    投稿日
    2022.11.04
  • 評価1
    評価2
    評価3
    評価4
    評価5
    2022年1 月に新型が発売されたんですね。 自分は1世代前のものを使っていますのでそのレビューを書きます。おそらく新型とほぼ同じだと思います。 まず輪行袋の色について。私が買ったものは紺色でほどよく周囲に溶け込むいい色です。 真っ黒だと逆に目立つ気がするので紺色がとても気に入っています。 新型も紺色が発売されたら再購入するかもしれません。 次に袋の表に印字されているロゴマークについて。 ただのロゴマークですが、これがないと「真っ黒な得体の知れない袋」という印象を受けます。 しかしロゴがあるおかげで「ちゃんとした製品」という印象になり、周りの乗客の方にもちょっとした安心感が与えられるかなと思います。 耐久性については個人的には文句なしです。 10回ほど輪行して乱暴でも優しくもなく普通に扱っていますが、破れたり糸がほつれたりする気配はありません。 外袋がいい感じの大きさなので、輪行袋をめちゃくちゃ丁寧に畳まなくてもうまく外袋に収められます。 ストラップやエンド金具などの付属品も全部収納可能。ただし全部入れた場合はボトルケージには収まらなくなりました(綺麗に畳めば収まるかも?) 付属品については、輪行マニュアルの紙が何気に便利で「あれ?どうやるんだっけ?」という場合に簡単に手順を確認できます。 ネットで調べてもいいのですが紙をサッと広げて確認した方が早いでしょう。 欲を言えば、このマニュアルの内容を輪行袋自体に印字してあればより便利だと思いました。 それと今後の改良で、スルーアクスル用のエンド金具のシャフトがもうちょっと細く軽くなることを期待しています。 いろいろ書きましたが完成度はかなり高いと言えます。 輪行袋で迷っている人がいれば私はこれをお勧めします。
    ゆず太くん
    投稿日
    2022.06.01
  • 評価1
    評価2
    評価3
    評価4
    評価5
    はじめての輪行の旅は大阪南港よりオレンジフェリーで今治に到着、しまなみ海道をサイクリングしてきました。 BECKONの店頭で「しまなみ海道のガイドブック」を買いドコに寄ろうかなどと計画を立てて行きました。 帰りは尾道駅前の自転車組み立てスペースで、マニュアルを確認しながら自転車をばらしていきます。 エンド金具をこの向きに取り付けて・・・ アレ?うまく固定できない・・・ 付属のアルミパイプを通すのを忘れていました!! ホイールをフレームにベルトで固定完了。 カチッとはめてギュッと締めたら、「ガッチリ!!」 ワンタッチバックルってよく考えられていますね。 エンド用のアルミパイプは3本入っていますが、家で一度練習した際に長さを確認して、必要な2本だけを持っていきました。 家で組み立て練習をしたおかげで、比較的スムースに輪行袋に収納することが出来ました。 でもマニュアルが入ってたおかげでベルトの締め方とかはサイクリングで疲れていると忘れちゃうもので助かりました。 よいしょと肩紐を担ぐと持ちなれないせいか、ハブの中心部分が歩くと太ももに当たるので、肩紐のポジションを微調整して大丈夫でした。 あと、肩紐細いので食い込んで痛いので、オーストリッチの肩パッド?を投入、硬めのプレートが入っていて楽になりました。 超軽量コンパクト輪行袋なので、ごつい肩パッドは不要かもしれませんが、なにかしら無いと肩痛い。。。なれたら大丈夫になるのかな。 今まで近場しか行けなかったのが、この魔法の袋のおかげで行動範囲が一気に広がった気になりました。 次はどこに行こうかと楽しみです。
    けいじ
    投稿日
    2018.10.09
レビューを書く

RECOMMEND