自転車 通販 サイクル ロードバイク ベックオン 輪行 輪行袋 輪行バッグ アールニーゴーマル グラベルバイク シクロクロス 輪行マイスター R250 ロングライド サイクリング チャリ ヒルクライム ロードレース マウンテンバイク MTB 坂バカ ロードバイク初心者 サイクルウェアー ロードバイク女子
out
 

マージーン P325 CS クランク型パワーメーター 52/36T Magene

独自商品コード MGE-Q-P325CS-5236T
発行ポイント 643ポイント
在庫状況
%OFF!!
通常価格 : ¥

¥64,350 (税込)



購入数

クランク長

送料は商品および合計金額によって異なります。

 ★★★★★レビューを書き込む

Magene P325 CSで、より速く、より遠くまで。

  • パワーメーターは上級者向け。そんなイメージはありませんか?
    上級者だけでなく、まだ始めたばかりの方や週末ライダーの方にも、パワーメーターの導入がおすすめです。
    例えば、向かい風や坂道でも、頑張りすぎず自分の能力に合った走り方が可能です。
    自分自身のパワーを知ることで、スポーツの楽しみ方がもっともっと広がります。
    もちろん、シビアなトレーニングを行う上級者の方も満足できる性能です。
  • 計測方法;クランクアーム型両足計測
  • 平均重量:750g(例165mm,50-34T)
  • パワー計測精度:±1.5%
  • 稼働時間:200時間(満充電時)
  • 通信規格:ANT+,Bluetooth Smart4.2
  • 保護等級:IPX7
  • パワーレンジ:0〜2500W
  • ケイデンスレンジ:20〜240rpm
  • 対応変速段数:SHIMANO,SRAM:11S,10S
  • 対応BB:BB86,SHIMANO HOLLOWTECH 2 BSA/ITA スピンドル径24mm
  • Qファクター:147mm
  • 計測データ:パワー、ケイデンス、左右バランス、トルク効率、ペダルスムーズネス
  • 動作温度:-10〜50℃
  • 注意事項:
    本製品の使用を開始するには、スマートフォンアプリ「Magene Utility」によるアクティベーションが必要です。その際、メールアドレスが必要になります。
    自転車を洗う際は、本機器に高圧洗浄機等の高圧な噴流水を使用しないでください。また、アルカリ性洗剤やシンナー等を使用せず、中性洗剤を使用してください。
    高温多湿の場所(炎天下の密閉された車内、電気ヒーターやオイルヒーター等の暖房器具の周辺他)では、長時間の使用、または保管をしないでください。
    製品サポートの対象は、株式会社グロータックもしくはGROWTAC正規取扱販売店ので購入された製品のみとなります。並行輸入品や直輸入品はサポートの対象外となりますので、ご注意ください。

商品のカラー・サイズについて

  • 商品のカラーはディスプレイの種類等により、実物と異なって見える場合がございます。
  • 掲載商品の仕様、ロゴ等のデザインは改良のため、変更される場合がございます。
  • また、メーカーが発表していない寸法や個人的なフィット感についてはお答えいたしかねます。あらかじめご了承ください。

沖縄県への送料について

  • 沖縄県への発送に送料無料は適用されません。購入金額に関わらず1,650円(税込)が通常送料に別途加算されます。

こんな商品もチェックされています

最近チェックした商品

この商品のレビュー(会員限定)

レビュー件数:1

評価

2022/07/29

とりぴぃさん

迷っているタイミングで父の日クーポンが出ていたので購入。
定価販売のものが割引価格で買えたので満足度がデカいです。

性能面ですが海外サイトで言われているようなスパイクノイズや計測不良は出ていません。

出力値も過去使っていたPowerTap C-1、4iiii PRECISION 2.0左と特に変わらない気がします。
ただ出力標示が結構遅いのでこれは慣れが必要ですがなかなか慣れませんね。

変速性能ですがR7000からの変更だったので、かなり不満で乗って数分で売ってしまおうと真剣
に考えましたが、そもそも加速中トルク掛けながら変速出来ちゃうシマノが良過ぎるだけって事を
思い出して、足が回りきる直前に変速すれば綺麗に入ります。
これはもう慣れて無意識に変速出来てますのでもう気になりません。

あと、チェーンリグとチェーン合わせて1万程度で揃っちゃうので山岳用にコンパクトリング化
も安価に実現できるのは魅力です。

それと両足計測は自分にとって必須だと改めて思いました。
以前は50:50だったのが、片足計測2年使用で54:46とかなりショックな事になっていました。
片足計測は計測側の出力が強い程高出力標示になるみたいで(片足ペダリングしてみればわかります)
無意識に右足が怠けちゃったんだと思います。
両足計測だと両方きっちり踏めてないと出力下りますのでバランス良く踏む意識になります。
で、使いだして54:46 → 52:48 → 51:49まで改善されました。
(それぞれ110km走行のトータル比率で走行中左右差リアルタイム標示はしていません)

1件〜1件 (全 1件)

  ニックネーム : 評点 :
内容 :

レビューを投稿する

$nbsp; $nbsp;

PAGE TOP