ワールドサイクル

自転車,輪行,サイクルパーツ販売
ワールドサイクル

5,500円(税込)以上で送料当社負担
ゲスト さん
商品数:0点
価格:0円

トップ特集ページ > ヘルメットの被り方

ヘルメットの被り方と重要性について

自転車用ヘルメットは刻々と進歩しており、軽量で通気性も高く、
デザインもスポーツからカジュアルまで似合う様々なモデルやカラーが販売されております。

ヘルメットのサイズについてクローズアップ

-1-
ヘルメットのサイズを選ぶ際の目安は、第一に頭周が基本になります。
まずは自分の頭周を測ってみましょう!!
-2-
上から見た頭の形は、人それぞれですが東洋型と欧米型に分かれます。
おおよそ日本人は東洋型の人が多いですが、近年欧米型の人も増えてきています。

ヘルメットの前後幅、後頭部に設けられたアジャスターでかなり幅広く調整する事が可能です。

しかし横幅は構造上どうしてもほぼ固定されてしまいます。メーカーによっては厚みの違うパッドが付属しているので、それらを付け替えることで調整することもできます。

日本のメーカーである、OGKカブトのヘルメットが丸型で日本人向きであることはもちろんですが、最近は欧米のブランドでもわりと丸型のヘルメットも増えております。特にイタリアのブランドのヘルメットは割と丸型になってきます。ただし同じブランドでもモデルによる違いもありますので、一概にブランドで区別するのもよくありません。
 
あなたの頭は、東洋型?  欧米型?
  
-3-
少しヘルメットが大きいと感じるときなどは、キャップ・バンダナ・ヘッドバンド等を合わせて着用するとフィット感も良くなり、ズレを防止する事も出来ます。

逆にあまりフィットしすぎているヘルメットの場合、バンダナをするときつくなることもあります。髪型によってもフィット感は変わります。坊主と長髪では、頭の周囲がかなり変わりますから。


ヘルメットの正しい被り方

  • 被る位置は眉の少し上! 真上から被るのではなくおでこに当てるようにして前から被りましょう。
  • 眉毛が隠れるぐらい深く被りすぎると、後頭部が露出してしまいますので落車した際にヘルメット本来の防護効果を得る事が出来ない上に、前方の視界も狭まってしまいます。
  • 前髪とおでこが出るぐらい浅く被ると、落車した際に顔面を防ぐ事が出来ず、ベンチレーション機能も十分に発揮されません。
  • あご紐の隙間は指一本分!
  • よくあご紐が垂れるぐらい緩い状態で走行している方を見掛けますが、それではヘルメットを被っていても意味がありません。
  • あご紐の「あそび」は指一本分が目安です。ただしまっすぐ前を向いているときと、上を向いたとき、下を向いたときではあそびが変わります。
  • あごをすり抜けてしまうぐらい緩いと、落車した時に肝心のヘルメットが外れてしまいます。
  • 後頭部アジャスターも走行中にズレないよう確実にホールドさせましょう。