ワールドサイクル

自転車,輪行,サイクルパーツ販売
ワールドサイクル

5,400円(税込)以上で送料当社負担
トップ特集ページ > バイクパッキング特集

バイクパッキング特集

バイクパッキング特集
  • 登山のように体で荷物を運ぶ「バックパッキング(bike packing)」という言葉に対して、バイク(自転車)で荷物を運ぶ「バイクパッキング」というツーリング方法が、数年前から北米、イギリスを中心に人気が高まっております。
    そんなの昔からやっている!と思われるかもしれませんが、旧来からあるのは金属製のキャリアをバイクに取り付けて、そこにバッグをつける方法。バイクパッキングは金属製のキャリア類を使用しないでバッグを直接バイクに取り付けることで、軽快な走りを損なわずに走りを楽しもうという方法です。バッグを外せば、バイクはすぐにシンプルなスタイルに戻ります。
    旧来のバッグは重たくて分厚くて防水性もありませんでしたが、最近の軽くて薄くて防水性の高い素材がふんだんに使用したものが、「バイクパッキング」となります。

大型サドルバッグ

  • バイクパッキングといえばまずはこれ。キャリアを使わない大容量サドルバッグ。小型~中型のバックパックくらいの容量にもなります。ロールトップ方式なので、あまり荷物が少ないと安定しません。重たいものは奥(シートポスト側)に入れるのがポイント。ダンシングなどでバイクを振ると、揺れるのは致し方ありません。
    防水タイプが便利ですが、中身をビニール袋などに入れることでも防水になります。サドルの下と後輪の間にある程度スペースが必要です。サイズにはご注意ください。
人気ナンバーワン、アピデュラ 防水(DRY)タイプが人気。 元祖、レベレイトデザイン こちらも負けちゃいない。
ブルべライダーに人気のオルトリーブ バイクパッキング特集

知っとく情報、これを読めばもっとよくわかる。

ベックオンスタッフ野村 ベックオンスタッフ野村

バイクパッキングて何だ?

レベレイトデザイン レベレイトデザイン

ブルベするなら即決すべし、レベレイトデザインの巨大サドルバッグ。

ベックオン ベックオンスタッフ野村

バイクパッキングて何だ?~実践編~300kmブルべ

フロントバッグ

  • キャリアを使わないで、ハンドルにストラップのみで固定する大きめフロントバッグ。ハンドルポジションが低いと、前輪に当たってしまうので注意。
    自転車から降りて歩いて観光するときなど、ハンドルから外して持ち歩くのにも便利。中身はシュラフや着替えなど、比較的軽くてかさばるものを入れるのがおすすめ。

フレームバッグ

  • トップチューブの上、もしくは下に取り付ける。下に取り付ける場合、フレームサイズによってはボトルケージが使えなくなる場合もあります。ちょっとした停車中にアクセスしやすい。
    内股気味にペダリングする人の場合、内腿がすれる場合もあります。ハンドル上に取り付けたスマートフォンやGPSなどの予備バッテリーなどを入れたり、補給食などを入れておくのに便利。

フロントポーチ

  • この場所って盲点だったと思います。トップチューブバッグの場合、中身の具合で左右に傾いて膝とこすれたり、バッグの底とフレームがこすれて塗装が剥げたりしますが、この場所なら大丈夫。
    中身はちゅうぶらりんなので、カメラやスマホなど無造作に突っ込んでも大丈夫。左右に付けることもできます。

ワールドサイクル人気ランキング 2017/6/12~6/18

ちょっと前のランキングはこちらから

ワールドサイクルでしか買えない限定ジャージ、予約受付中