ワールドサイクル

自転車,輪行,サイクルパーツ販売
ワールドサイクル

5,400円(税込)以上で送料当社負担

商品コード:WWW-L-YANS  yans yasuhiro yanagihara
柳原康弘xワールドサイクル「ロードバイク向けの基礎テクニック講座」
新作再入荷期間限定送料無料
アイテムイメージ

販売価格 (税込) 10,000円
販売期間
2018年7月13日0時00分 ~ 2018年11月2日12時00分
日時
第6回前編9/22(土)午前10時30分~15時30分
第7回前編10/27(土)午前10時30分~15時30分
第3回後編12/15(土)午前10時30分~15時30分
この商品の購入状況(最新10件)
購入日時 購入数 地域
2018-07-23 12:10 1 大阪府 2018-07-19 07:53 1 和歌山県 2018-07-13 12:55 1 愛知県 2018-05-08 16:10 1 大阪府 2018-05-03 14:27 2 大阪府 2018-04-20 08:18 2 大阪府 2018-04-14 10:10 1 大阪府 2018-03-24 15:58 1 大阪府 2018-03-24 15:38 1 大阪府 2018-03-19 23:48 1 大阪府

近年注目をあつめつつある「基礎(乗車)テクニック」をお教えします。雑誌やウェブをいくら見ても上達しない原因はこれだったんだ。

  • ダートブロス(Dirtbros)、ヤンズこと元MTB世界チャンピオン柳原康弘氏を講師に迎えての、超基礎講座。ロードバイクしか乗ったことのない方には、是非知ってほしい内容てんこ盛りです。
  • 客観的なライディングの根拠を示して、自転車を操る楽しさをお伝えいたします。
  • 自転車のテクニックを「乗車テクニック(基礎)」と「運転テクニック(応用)」に分類し、ほとんどの人ができていると思い込んでいるけど実はできていない「基礎テクニック」をお教えします。その場でマスターするのが目的ではなく、今までどれだけ不安定に乗っていたのかを気づいてもらい、基礎テクニックの練習方法を学んでください。「乗車テクニック(基礎)」とは時速0~10キロまでの超低速でバランスが取れるかということ。運転テクニックの練習はある程度のスピードが必要となり、転倒によるけがのリスクがありますが、乗車テクニックの練習は転んでもリスクは低くより安全です。講師の柳原氏はこれまで数々の講習会を開催していましたが、結局のところ基礎ができていないのに運転操作を教えていてもできっこないなぁ~という気づきから生まれた講習内容です。
  • スポーツバイクを始めたばかりの初心者の方から、我流でなんとなく長い事乗っている方まで、あらゆるレベルの方に有効です。
  • 室内(会議室)での座学+ロードバイクと体を使います。ロードバイクは必須ですので、ご自身でご用意ください。(レンタル等はございません。)
  • 基礎テク講座は前編・後編の2講座となります。後編は『前編を受講された方』であれば後編へ参加いただけます。とくに、『課題をクリアする必要』はなくても大丈夫とします。『目的意識』を持って参加していただくことに意味があると考えています。前後編両方の受講がおすすめです。
  • 時間:午前10時30分~15時30分 ※12時30分~13時30分までは休憩時間。お弁当をお持ち込みいただければ、講習会場でご飲食していただけます。
  • 定員:12名
  • 会場にゴミを捨てることができません。お弁当等のゴミはご自身でお持ち帰りください。
  • 大阪遠すぎ~というかたは、横須賀のGO RIDEさんもYans先生を招いて同じ講座を開催していますよ。

持ち物(必ず全てご用意ください。参加必須条件となります。)

  • 洗車したての綺麗なロードバイク(シクロクロスバイクやクロスバイクでもご参加いただけます)。
    ※会場が公共の貸し会議室での講座となりますので、ロードバイクはできるだけ綺麗にしてお持ち込みください。
    ※可能な方は、フラットペダルの装着をお勧めします。
    ※ビンディングペダルでも可能です。
  • 動きやすい格好
    ※肌の露出のない長ズボン(ペダル操作でガリッと脚に当たる場合があるため)
    ※チェーン巻き込み防止の裾止め。
    ※レーサーパンツである必要はありません。
  • フラットなソール面のシューズ。
    ※ビンディング用のシューズは使用しません。
    ※トレッキングシューズなどのブロックの深いソールは不向きです。
    ※ランニングシューズなどの土踏まずが凹んでいるソールは不向きです。
  • ヘルメット

講師紹介

  • YANS「YANAGIHARA YASUHIRO」が長いので「YANS(ヤンズ)」。生年月日:1972.7.20 愛知県出身
    子供の頃から好きで自転車に乗り続け、小学6年生から自転車トライアルの競技を経験、中学2年の時にMTB(マウンテンバイク)を乗りはじめる。高校2年生の時にMTB世界選手権でチャンピオンに輝き、卒業後MTBプロレーサーとなる。1998年にMTBレース活動から退き、フリーランスでMTB普及活動を開始する。マウンテンバイクのダウンヒルをソフトウエア/ハードウエア共にプロデュースしています。
  • Facebookページ
  • 公式サイト yans.com

ご注文について

  • お支払い方法はクレジットカードのみとなります。
  • 講座のみでご注文ください。別の商品と一緒に買い物カゴには入れられません。
  • ご注文後、チケット等はお送りいたしません。当日直接会場までお越しください。
  • 当日参加できない場合は、必ず事前にご連絡ください。受講日から10日以上前にキャンセルのご連絡いただいた場合、全額ご返金対応とさせていただきます。なお、返金の際の振込み手数料は、振り込み金額の中から差し引かせていただきます。 受講日から9日以内のキャンセルのご連絡の場合は、ご返金対応はいたしかねます。

会場のご案内

  • 東淀川区民会館 第1会議室
  • 住所:大阪市東淀川区東淡路1-4-53
     阪急電車「淡路」駅から徒歩で約700メートルです。有料駐車場がございます。
  • 講座開始時間の10分前にはお集まりください。時間厳守でスタートいたします。
  • 講座中に主催者が撮影した動画・写真などはワールドサイクルの運営するウェブサイト・チラシ・ポスターなどに使用する場合がございます。

参加者(2018.5.19基礎トレ後編)レビュー

  • 私は今まで自転車の乗り方なんて人に習ったことが無く、本やネットで記事を読むだけでした。見様見真似でやってみるものの、ちゃんとできてるのかどうかが、わからない。そんなモヤモヤ気分を持ちながら自転車に乗ってました。今回の講義はそのモヤモヤを解くいいきっかけとなりました。乗り方、降り方、乗車、操車、重心、荷重などの基本的動作を意識して行えるようになりました。
    この講座を受講したからといって、YASさんもおっしゃっていた通り、急に速く走れたり、うまくなる訳ではないと思います。でも、今まで意識していなかった事を意識的にできるようになったり、なんとなくやっていた事を意識的にやるようになった事で、少し自転車の基礎がわかったように感じました。これができてこそ、土台ができてこそ、次のステップに進める、そんな風に自分で思いました。モヤモヤが少し晴れて私としては大収穫でした(^^)

参加者(2018.4.21基礎トレ前編)レビュー

  • 最初に箸の下りの時には頭の中が?だらけだったけど、後でそれが凄く意味のある事だと分かった時には既にYANS先生の世界に引き込まれていました。それからとにかく一言一句聞き逃すまいと必死で取り組みました。(リラックスしてくださいと言われたのに…)それぐらい今回の講習会は自分にとっても一緒に参加した妻にとっても、凄く凄く大事な時間になりました。特に妻はおそらく参加者初の『壁ドン』をかますなど目立ってましたが、帰り道とても嬉しそうに講習会の話をしてましたから。
  • 数年間自転車に跨ってきたが、今までキチンと乗れてなかったんだなぁと思うと、このタイミングでも考え方をリセット出来たのは大きい。特にレースをする人は是非受けて頂きたい講座。講義中に落車の話も出たが、そのメカニズムを知るだけである程度ではあるが自分の落車を防げる&他人の落車も予測できるようになるので、しょうもないことでレースを終えなくて済むことになる。もし転んだとしても、何故転けたかがわかっていれば次から注意することが出来るので、余計なケガを増やすことも無くなるだろう。もちろん転倒するのはレースだけではないので、趣味や日常生活で自転車に乗っている時ももちろん有効。はたまた「転倒」という括りにおいては自転車に乗っていない時でも転ぶ場合はあるので、自転車以外の生活にも活用できる。落車の話にフォーカスしたが、もちろん講義内容はそれだけではない。いつまでも楽しく元気に自転車を乗り続けたいならば、一度受けてみると良いだろう。新たな自転車の楽しさを発見できるハズだ。

参加者(2018.3.24基礎トレ前編)レビュー

  • ロードバイクを初めて乗った時、止まったり、乗ったり、低速での操作がなんと難しいんだろうと言うことです。安全に乗りこなすために、基本的なスキルを身につけたいと思い、受講しました。内容は目的にかなっていて、いろんな気づきもありました。自転車の乗り方、降り方も最初は本当にわからなくて、雑誌を見たり、人の操作をみていただけなので、本当に勉強になりました。このような講習をどんどんやっていただきたいと思います。
  • ロードバイクの運転操作など補給の時ボトルをとったり、下りの運転技術などを講習会で聞けることが出来たらと思っていましたが、それ以前の事が出来ていなかったのだと分かることが出来て良かったと思いました。何気なく走ることだけに意識していた所もあったので、また違う意識を持って考えて、教えて頂いたバランス感覚など少しでもよくなるように少しずつ練習して行けたらと思っています。

参加者(2017.11.25基礎トレ後編)レビュー

  • 前編に続き、後編も勉強になりました!ヤンズさんの講習で教わる安全に自転車に乗る技術や、技術を身につける上で理解すべき知識は普段の練習では絶対に学べないことばかりでした。講習を受けたことで自転車という乗り物に対する考え方が変わりました。自転車の乗車テクニックを身につけるための土台を、一流プロから学べるこのような講習は本当にありがたいと思います。目の前でヤンズさんのお手本を見て、質問できるので、吸収できることは全部吸収しようという気持ちで受けました。講習で学んだことをできるように、これからコツコツ練習していきます!
  • いよいよ後編。前編の内容をマスターしてないまま当日を迎えてしまい、ちょっとドキドキして参加しましたが、前編のおさらいからスタートして頂くなど、受講生を優しく迎えてくれました(感謝)。そして生まれて初めて二つの体重計に同時に乗りました。こんなにちょっと動いただけで右足と左足の荷重が大きく変わるとは!と驚きでした。その他、今回もYANSさんのDIY(?)が炸裂。初心者が基礎理論を体感できるツールを沢山準備して頂きました(感謝×2)。改めて運転操作の前の、乗車操作の重要性を学べました。練習方法も沢山教えて頂きました。すぐに出来なくても、なぜ出来ないか、どこが出来てないのか「手順を確認」して、しっかりと土台作りを頑張りたいと思います。まずはスタンディングスティルが出来るようになりたい!
  • YANS先生のわかりやすい話術は言わずもがなですが、特に後編においてはメニューの核心の理解に必須となる「知識や理論の可視化」に最大級の工夫が有った点が、さらなる面白さや有用性につながっていたように感じます。前編と同様に講義内容が「失敗することから学ぶ」スタンスなので、難易度の高いメニューにおいても「こなせる人」と「こなせない人」の間に優劣が生まれることは無く、誰一人置いてきぼりにならない講習内容になっていたことも素晴らしい点だと思います。講義内容に簡単な物理(多分中学生レベル)理論の理解が必要ですが、自転車趣味を共に楽しいんでいる親御さんとお子さんなどで受講すればな、より良い自転車ライフが送れるだろうな・・・などと前編後編通して受講させていただいき強く感じました。ともかく、受講がゴールではなくスタートだと思って、これからも自転車と向き合って行きたいと思います♪

参加者(2017.10.28基礎トレ前編)レビュー

  • Yan’s先生が仰っていた【自転車暦が長ければ長いほど基礎を学びにくくなる・・・・】まさにその通り。自分の不安要素は置いといて、ヒルクライムのスキルや平地での速度維持の方法を考えてては本末転倒。今回の基礎トレは目から鱗でした。
    不安を横において置くと、いろんな場面でひょこっと顔を出すのですが、その場を通り過ぎれば放置で自転車暦だけ長い初心者になっていたことに気づきました。いや、気づいていたんですがね・・直面したと言ったほうがいいのか・・(汗)
    早く走る方法よりも、巡航練習よりも、もっと大切な【自転車に乗車する】行為を深く考えた事など無かったですから。。山の下りが怖いのも、落車で怪我をすることも。支持基底面、倒立振子、また理屈を分かっていれば少しでも防げる可能性は十分に有るのかと。(練習が必要ですが・・)現にこの講座を受け3本ローラーがそれほど怖いものではなくなりました。理屈を分かって走行するのと、考えずに走行するのでは天と地の差ですね。この基礎トレをマスターせずに、ステップアップは難しいと思いました。とても貴重な体験です。ありがとうございました。
  • 自転車は何となく乗れる様になっているので、今更基礎を学ぶとか考えて無かったが、ロード歴5年ともなると初心者に教える機会も増えてくる。人に教えるとなると基礎の教え方がわからない。車は教習所で習うが自転車は皆んな自己流だと思う。基礎を学ぶ機会も無ければ、教えてくれる人もいない。今回の講座で論理的に基礎を学び、練習を実践して、あらためて基礎の大事さ、難しさを実感した。言うは易し、行うは難しで結構疲れた。それだけ基礎がしっかり出来てない証拠。基礎をしっかり意識して、実践できれば自転車だけでなく、他のスポーツや日常生活にも非常に役立つと思った。
  • ロードバイクに乗り始めてもう直ぐ2年になりますが、だんだん遠くに行けるようになったり、一人で走る事も増えて来て楽しい反面、ヒヤリとするような危険な場面にも遭遇するようになりました。安全に楽しむためにも基礎から自転車を学び直したいと思い参加しましたが、普段普通に乗れてると思っていた自転車が案外バランスを取れてない事に気付きましたし、家で三本ローラー等無くても練習出来る方法を教えて貰い家で実戦していたら、自転車に乗りながら手放しが出来なかったのがいつの間にか出来るようになっていて、バランスが取れるようになって来たのかな?と感じています!今後もこの練習法を続けていこうと思います!

参加者(2017.10.1基礎トレ前編)レビュー

  • yansさんの話が面白く、講習開始からグッと引き込まれました。これまで3年半、なんとなくロードバイクに乗ってきまいたが、この講習を受けて、いかに何も考えずになんとなく乗っていたのかがよくわかりました。実習の内容自体は、派手さはなく、地味な感じ(上手く表現できずにすいません)ですが、これがなかなか奥深く、自分自身は全くできていないことに気づかされました。せっかく教えていただいたトレーニング方法ですので、少しでもモノにできるように練習していこうと思います。さっそく、100均へ行って、3色のマーカーを買ってきます。自分自身で前編の講習内容をトレーニングして、すこしでもできるようになったら、後編の方にも申込みさせていただこうと思います。ありがとうございました!
  • 3年間乗ってきて、長距離も走れるようになりました。ヒルクライムも速い方だと思います。ただ、上手い人みたいにキュッと曲がったり、フワッとUターンしたりが全然できなくて、自分は漠然と自転車に載っかって、もがいてるだけだと思うようになっていました。今回きちんと「乗車」「降車」する大切さ、練習方法を教えてもらい、身体がそれを覚えてる間は、少し自転車を操れてる感じがして、帰りの60キロも楽しかったです!次の日になると感覚は忘れてしまったんですが、しっかり練習方法を教えてもらっていたんで、復活しました。この繰り返しで自分のものになっていくんでしょうね。自転車乗るのが楽しいです。今回の宿題をもう少し自分のものにできてから、後編も受けたいです。 素晴らしい講習をありがとうございました。
  • 自転車に乗るって事を初めて意識して行うと、たった数時間で全身筋肉痛になった。 普段自転車に乗っていて筋肉痛になる部位では無かったので、自転車に座る事すらまともに出来ていなかった事を痛感した。ワールドサイクルの講座は、内容がシンプルで楽しいが、物凄く質が高い。 決して速く走るためのテクニック講習では無いが、教わった事の先にプロのテクニックがあるのだと理解できた。 講座内容は基礎だとの事だが習得出来たらかなりカッコいいと思う。 少なくともカッコ悪い転け方をしてバイクを傷つける事は無くなるだろう。
  • ロードバイクに乗って3年になりますが、ふらついたり真っ直ぐに走れないことにずっと悩んでいました。ペダリングや脚力以前の問題やなと思っていたので、今回はドンピシャの内容でした。一番良かったのは室内でもできるトレーニング方法をご紹介して頂いたことです(環境的・時間的に毎日自転車に乗れない人は多いはず)。まずは片足立ちの練習から始めます(これも結構難しい。。。)!
  • 後から聞いたり調べるほどに、講師の柳原さんが凄い方なんだと知りびっくりしています。講座を受けて自分が自転車に関して本当に無知なんだなということを改めて知り、いろんなことに気づき磨いていくのがセンスだという言葉に、もっと自転車の事を知って私の中にあるセンスや可能性を広げたいと感じました。このような気づきの機会を与えて下さったこの講習に感謝しかないです(*^o^*)自転車の世界が広がりました!ちゃんと練習して柳原さんの記事読んで勉強します!!
  • 自分の乗り方が高いレベルとは思ってなかったが、スピードを落とした途端ここまでボロが出るとは思ってなかった。課題を知らなければ、改善しようと思わないというのはその通りだが、さすがに、急に頭は切り替わらず、後半の最後の方から頭を整理できた。そういう観点では、午前中の内に実技を始めたかった。なお、自分はマウンテンを始めたので、基礎の有無でライディングに違いが生まれることは想像しているが、ロードしか乗らない人は、講習をどう活かすかイメージができるのかと少し不安に思った。 最後に、バランス取ることは難しくないという、自分の固定観念を試され、その後の努力の覚悟を問われる場であった。価値を産むかどうかは、これからというのもわかったが、ただ闇雲に練習するのは辛いと思う。

参加者(2017.7.15基礎トレ前編)レビュー

  • やまめの学校に続き、自分が「自転車に乗れていない」ことがよーく分かりました。やまめの学校から半年は経っているのに。。。自分はロードバイク歴1年、特にレースを目指しているわけでもないですが、安全に楽しく、自転車を趣味にしていくには、バイクコントロールをマスターするのは必須と感じてます。練習項目は、家の近所や部屋のなかでも出来ますので、11月の「後編」までに、参加資格有りまで上達目指します!講座は、YANS先生の自転車愛溢れる、論理的、哲学的、実践的な深い深い内容でした。まるでビジネススクールのケーススタディの授業を受けているときのような濃密さと衝撃を受けました。持参された「説明グッズ」の数々にお人柄を感じました。
  • ロードに乗って3年余り、最初はマニュアル本を読んだり、気になる雑誌の記事を読んだり、ネットで調べたりしながら、結局は我流であーでもない、こーでもないを繰り返して今に至っていました。今回Yan’sさんの講義を受けて、それ以前の、いかに自分が自転車に乗れていなかったかを痛感しました。週末ライダーはついつい横着して早く走れるようになりたがりますが、まずは基礎をしっかり固めないと、上達が遅くなるのはもちろん、かなりの危険に身をさらしているということを今さらながらに自覚するいい機会となりました。
  • 受講前と柳原講師の自己紹介を聴いた段階では、MTBの経験は豊富だがロードの経験は殆ど無いと聞いて、かなり不安な気持で始まったのですが、内容が進むたびに「なるほど!だからMTBなのか!」と納得いく部分がありとても勉強になりました!「聴けば劇的に走りが変わる魔法の言葉はない!」「何が出来ていないかに気付いてコツコツ克服する事が大事」の言葉を胸に頑張って基礎マスターしたいと思います!
  • 岩田さんからのダイレクトメールで即決で講座受講決めましたが、YANSさんのバイクコントロールはYOUTUBE等で以前から拝見してはいましたが、やはりテクニックの前に正しく乗車出来ていないことを気づく機会は今回初めて痛感しました。もっとちゃんと反復練習して次回の後半ロードバイク基礎講座に挑みたいと切に思いました。
  • YANSさんのことを知らなかったので、最初はMTBとロードって共通点あるの??って感じでしたが、ロードに乗れているようで乗れていない!!ということ気付けて、とてもタメになりました!!きちんと「乗車」してからすべてが始まるんだと肝に銘じ、練習したいと思います。 余談ですが、中1になる長男が実は自転車に乗れず、今ミニベロを買って練習を始めました。速く走ることや曲がることばかり教えていましたが、基本の「乗車技術」を教えてあげなければ!!と、今回の講習を受け考えを改めることが出来ました。
  • 今まで基礎を教えてくれる講座を探しても無いまま、なんとなく乗っていたので凄く勉強になりました。今回の練習をするのにシートポストが高過ぎて両足が地面に着かなかったので翌日ショップでシートポストを切ってもらい、やっと練習をする準備が整いました。後編も申し込みましたので練習しておきたいと思います。

知っとく情報、これを読めばもっとよくわかる。

柳原康弘 Yans 柳原康弘 Yans

楽しくて仕方がない、ロード基礎テク講座・後編

柳原康弘 Yans 柳原康弘 Yans

第2回柳原康弘(Yans)のロードバイク基礎テクニック講座・前編

柳原康弘 Yans 柳原康弘 Yans

柳原康弘さんをご存知ですか? 80年代後半から90年代の第2次マウンテンバイクブームの最大のヒーローともいえるDH・デュアルスラロームライダー。

この商品のレビュー(最新1件)

すべてのレビューを見る
  • あつし さん(大阪府/50代/男性)

    2017-11-27 12:54

    重要性を再確認しました☆

    前篇の後、基礎から練習し直そうと思いつつ、あまり取り組めないまま、後編に参加しました。 やはりできていないことが露呈してしまいました。 後篇はより実践的で、サドルから腰を上げた状態での乗車姿勢や、前後輪の加重変化を、いろんな道具を使って可視化していただき、前篇よりも「腑に落ちた」講習会となりました。 偶然、直後にハイレベルな競技に参戦しているライダーさんとお話しする機会があり、停止する時や漕ぎ出しの時にどのようにしているのかを質問してみたら、YANSさんの教えと同じことを、当然のこととしてやっていらっしゃっるとのことでした。 それができていないと、結果としてペダリングが非効率になるとか、コーナーリングの際にスピードに乗れないので、頭で考えるとかではなく、速さを求める中で無意識にやっているとのことでした。 あらためて、基礎の重要性を再確認できました。

    総合評価:       5

完全受注生産、この夏しか予約できない限定ジャージ、予約受付中

サマーウェアーのポイントは、ズバリ「アンダーウェアー」です。

ワールドサイクル人気ランキング 2018/8/6~2018/8/16

ちょっと前のランキングはこちらから

新着商品 ホットな注目アイテム