ワールドサイクル

自転車,輪行,サイクルパーツ販売
ワールドサイクル

5,400円(税込)以上で送料無料
商品コード:BIC-I-0220000398
【M便】That’s Real MTB! 3
メール便
アイテムイメージ

販売価格 (税込) 1,080円
※欠品と表示されていなくても、欠品している場合がございます。
この商品の購入状況(最新10件)
購入日時 購入数 地域

MTBの潮流において、いまや無視することができない27.5”タイヤを装着したタイプ。

  • 2012年にレーサーとして登場するや、またたく間に勝利を挙げ、2013年にはオールマウンテンからダウンヒルまで活躍の場を広げています。MTBの歴史からすると、‘70年代の26”ホイールに端を切り、10数年後に29”タイヤが誕生。そして、いまから5年前に27.5”タイヤが登場した流れにあり、混乱している人も多いはず。本誌では、「27.5”は異端か正統か」を徹底検証。ユーロの流れをレポートしたり、2013-2014モデルの27.5”バイクをインプレッション、最新27.5”のバイク&パーツカタログを掲載。また、シマノとスラムの2社に絞り、最新コンポのインプレを通じてMTB機材のトレンドを探ります。

    サイズ | AB判 144ページ

    CONTENTS


    27.5”の登場でますます
    わからなくなってきた2014MTB事情
    27.5”は異端か正統か?

    2013ユーロバイクでMTB界を席巻
    27.5”は、もはや時代の流れだ!!

    みんなが27.5”を推すワケ教えてます!
    イイトコ取りの27.5”
    26”、27.5”、29”の真実に迫る!!
    MTB WHEELS DYNAMIC TEST
    2013-2014年モデルの27.5”バイクの
    戦闘力がわかった!
    27.5”BIKES IMPRESSION
    最新27.5”バイク&パーツカタログ
    11モデル試乗&全23モデルの幅・重量を実測!!
    27.5”TYRES IMPRESSION
    ホイール入れ替えで走行性能はどう変わる?
    26”×27.5”×29”
    スワッピングカスタム!!

    SHIMANO
    DEORE vs
    SRAM
    XO1
    MTBコンポの
    〝いま〟を探る
    最新コンポインプレッション

    THE
    WORLD
    OF
    MOUNTAIN
    BIKING

    日本最強のDHレーサー末政実緒の今を直撃!
    14回目の1位と初出場の2位が遺したもの
    MTBの楽しみをみつける!
    全国MTBガイドツアーリスト
    富士山の麓でMTBを満喫しよう!
    MTBはココで乗れ!
    全国MTBコースリスト
    現役ライダーでコースビルダー
    マルチ系ダートライダー栗瀬裕太の新たなるチャレンジ
    全国プロショップガイド

商品のカラー・サイズについて

  • 商品のカラーはディスプレイの種類等により、実物と異なって見える場合がございます。
  • 掲載商品の仕様、ロゴ等のデザインは改良のため、変更される場合がございます。また、メーカーが発表していない寸法や個人的なフィット感についてはお答えいたしかねます。
    あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

ワールドサイクルでしか買えない限定ジャージ、予約受付中

新着商品 ホットな注目アイテム