ワールドサイクル

自転車,輪行,サイクルパーツ販売
ワールドサイクル

5,400円(税込)以上で送料無料
商品コード:MIN-H-01400370020
ミノウラ R700 Live Roll ライブロール(チタンカラーローラー)
送料無料
アイテムイメージ

通常価格 (税込) 42,000円  ⇒
特別価格 (税込) 33,600円 (20%OFF)
在庫状況
※欠品と表示されていなくても、欠品している場合がございます。
この商品の購入状況(最新10件)
購入日時 購入数 地域
2016-08-15 15:21 1 大阪府 2016-07-09 15:12 1 京都府 2016-06-25 22:19 1 千葉県 2016-02-06 08:18 1 愛媛県 2016-01-24 19:21 1 愛知県 2016-01-05 17:47 1 栃木県 2015-12-22 00:38 1 山口県 2015-12-14 12:03 1 鳥取県 2015-12-04 19:12 1 栃木県 2015-05-15 20:36 1 大阪府

さらにハイケイデンスでの安定した高速トレーニングを求めるエリートライダー達へ

  • 三本のローラー取りつけ高さを、それぞれ変えることで前ローラが下がり、車体が水平状態での走行を再現。
  • 各ローラーへの重量バランスが均等化し、軽く回すことが可能 (当社比) 。
  • 後タイヤが前方に移動しようとする動きを中央ローラーがブロックし、高速トレーニング時の安定感が増大 。
  • 剛性の高いアルミ製スライディングフレームは、クイックレリーズ機構でホイルベースに合わせ950 – 1080mmの範囲で無段階に簡単微調整可能。
  • 一番よく使用するサイズに簡単セットアップできるインジゲーター機能 。
  • 内部吸音材による反響音のすくないローラー 。
  • スタート/停止時に便利な木製ステップを標準セット。

ポイントその1:今までの3本ローラーは地面と平行ではなかった!?

  • 【実走感を得る為に】
    通常のローラー高が同じローラーでは前輪はホイールが上に乗っかり、後輪は2本のローラー間にホイールが挟まるようなカタチになるので、後ろが低くなります。 若干ではありますが、前輪が上がった状態でのライディングになっていました しかし・・・ このR700ライブロールは各ローラーの高さを【最適化】している(前ローラーが下がっている)事で、地面と平行になりますので普段のロード練習と同じ感覚でローラーに乗れるだけではなく、ローラー台でありながらより実走時と同じ筋肉を使ってトレーニングする事が可能となりました。 見た目は同じ3本ローラーでもミノウラの培った30年のデータをモデル化した【最新のローラー台】となっております。

ポイントその2:無段回に調節可能で、より精密な位置決めが実現


  • スライドフレームを採用しコンパクトで持ち運びに優れ、無段回に調節可能で、より精密な位置決めが実現。

その他のポイント


  • クイックレバー式で簡単に伸縮が可能

  • 頻繁に使用するバイクのメモリー機能付き【ホイールペース950~1,080mm】  

  • フレームには塩分を含んだ汗が付着しても錆びないようなアルミ製を採用
  • 3本ローラーでは、ローラードラムが太くなれば負荷抵抗が減り、細くなれば抵抗が増えてくるという特性がありますが、 このR700ライブロールでは通常より細めの直径80mmのローラーを使用している事でやや多めの負荷を自然に得ることができます。
  • 「あれっ、なにかいつもと違う・・・」 わかっている人にこそ試してもらいたい差があります。 見た目は同じ三本ローラー。でもMINOURAの培った30年のデータをモデル化し、より進化した三本ローラーをお届けします。 その違いは、今まで経験した方なら、きっとすぐわかります。
  • トレーナー乗車時、通常の走行と同様に地面と水平になるよう各ローラーの高さを最適化しております。 地面と水平に乗車が出来ることで、通常のロード練習と同じポジション、重心で練習することが可能です。 結果、練習時に使用する筋肉もロード練習により近くなります。

商品スペック

  • ローラー直径:80mm 幅:415mm
  • フレームアルミ製対応ホイール ベースサイズ:950 – 1080mm
  • 製品重量:9.0 kg
  • 完成品寸法:
    • 幅 = 554 mm
    • 長さ = 766 mm(収納時)
      長さ = 1,214 mm
      (ホイールベース980mm使用時)
    • 高さ = 110 mm(フレームまで)
      高さ = 130 mm(ステップ含む)

注意・制限事項

  • R700には、アクションブリッジのような乗車補助装置の設定はありません。
  • 主に、中級者以上の高速ケイデンス練習向けのため、R700にはオプションの負荷装置設定はありません。
  • 本体フレームの幅が狭いので、トレーニング開始/終了時にはできる限り木製ステップもしくは地面に足を下ろしてください。本体フレームに足をのせると、最悪の場合、転倒し大けがをする事故につながります。

商品のカラー・サイズについて

  • 商品のカラーはディスプレイの種類等により、実物と異なって見える場合がございます。
  • 掲載商品の仕様、ロゴ等のデザインは改良のため、変更される場合がございます。また、メーカーが発表していない寸法や個人的なフィット感についてはお答えいたしかねます。
    あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

ワールドサイクルでしか買えない限定ジャージ、予約受付中

新着商品 ホットな注目アイテム